獣医師会について
歴代会長・沿革
歴代会長
伊藤 良作
(初代)
大越 伸
(2・3・8・9代)
島村 虎猪
(4代)
近藤 正一
(5・6代)
       
安達 幸治郎
(7代)
市川 陸奥麿
(10・11・12・13代)
山田 今朝吉
(14代)
杉山 文男
(15・16・17・18・19・20・21・22代)
       
安部 勝人
(23・24・25代)
倉林 恵太郎
(26代)
辻 弘一
(27・28代)
手塚 泰文
(29代)
沿革
昭和23年(1948)東京都獣医師協会創立(12月3日)
25年(1950)会報を発刊
26年(1951)社団法人東京都獣医師会と名称変更
27年(1952)福利厚生事業開始
33年(1958)港区南青山に東京都獣医師会館完成(3月1日)
41年(1966)東京都獣医師会のロゴマークが誕生
45年(1970)会報『東獣ジャーナル』毎月発行
46年(1971)「ひかりの箱」募金活動開始
47年(1972)離島へ狂犬病予防注射に会員を派遣開始
53年(1978)港区南青山の新青山ビル23階に事務所移転(10月24日)
平成7年(1995)阪神淡路大震災の義援、救援活動実施
10年(1998)東京都獣医師会設立50周年を迎える
12年(2000)三宅島噴火による被災動物の救護活動実施
15年(2003)災害対策基本法に基づく指定地方公共機関認定
15年(2003)東京都の畜産事業を本会に移行
20年(2008)東京都知事から環境功労賞授与
20年(2008)小笠原村へ動物診療派遣団を派遣開始
20年(2008)東京都獣医師会設立60周年を迎える
21年(2009)環境大臣から保全活動部門表彰状授与
23年(2011)東日本大震災による被災動物の救護活動実施
23年(2011)小笠原諸島世界自然遺産に登録認定(6月)
24年(2012)東京都知事から小笠原諸島世界自然遺産登録に対する感謝状授与(10月)
24年(2012)公益社団法人へと移行登記(4月1日)
24年(2012)東京都知事から社会福祉事業感謝状授与(7月)